雑記

【健康】夜勤歴2年をむかえて、辿りついた必須の健康法!


こんにちは。ニート見習いのふーたろー(@crypto_210)です。

最近こんなツイートをみて「そうだよ! これだよ俺の感じてた違和感は~!」と感銘を受けました!

極端に無理なことするとカッコイイし、注目浴びるのは確かです。精神的な起爆剤にもなるので、自分もたまにやります。

でもでも、普段から「ほぼ一日寝てません! 仕事してました!」なんて褒められるもんじゃないですよね(自分の仕事がそうですが)。何かの本で読みましたが、人間は16時間くらい起きっぱなしだと、ほろ酔い並みに思考力が低下するそうです。

仕事に投資に副業に節約。毎日努力しないと成果が出ないし、資産形成のために頑張らざるを得ない貧乏社畜のふーたろーだからこそ、健康は絶対にはずせない要素です!

そんなわけで、自分が最近行きついた「これは絶対にはずせない!」という最強の健康法についてまとめてみました。

 

まとめ

まずは自分の行動と体調の記録をつける!

具体的な対応は、行動と記録から実験してみる。

 

記録をつけること

「行動と健康状態の記録をつけること」これが最強の健康法です。

以前、健康診断のとき、健康食品の効果について聞いたことがありますが

「使ってみて効果を感じるなら、効果があると思う」

正確な内容は忘れましたが、だいたいこんな回答をいただきました。なんとも頼りない意見ですが、実際そうなんですよね

人はそれぞれ体質も違いますし、生活習慣も違います。ちょっとした問診票一つで、その人に最適な睡眠、栄養のとり方が確定すると思いますか? そんな簡単なわけがないでしょう。

まして、個人の状況を考えず「○○を食べれば絶対健康!」なんて言えるわけがありません。

「規則正しい食事と睡眠」と言うのは簡単ですが、自分のような仕事をしていれば、そんなもの手に入りません(なので早く辞めたい。。

だから、それぞれに合った健康法を手に入れるためには

  • 今日の体調はどうだつた?
  • 眠気は感じなかった?
  • 何か食生活変えた?
  • 睡眠は何時間、何時頃とった?

と、記録をつけていくことが一番大切だという結論に至りました。まあ、これって夜勤始める前からある程度やってたことなのですが。。

ふーたろーの場合、勤務形態によって食事や睡眠のタイミングがバラバラな上、前後の勤務形態の影響も受けるため、分析は簡単ではありませんが、

「最近不調なのは睡眠時間帯が日中に集中して日を浴びてないからかな?」

とか

「夜勤の疲労が少なかったのは、こまめな水分補給のおかげかもしれない!」

といった具合に、行動と健康状態から気づいたことは改善し、改善結果も判断できるようにしています。いわゆるPDCAサイクルとおんなじですね。

ちなみに、只今実験中のものは、夜勤用に自作した栄養ドリンク! 怪しさ満点ですが、今のところ健康は維持できてますよ〜(思ったほど効果ないですが)。

ではでは~!


ABOUT ME
ふーたろー
ふーたろー
早期退職を目指すアラサー社畜。四流大卒、情弱、貧乏。17年5月投資(仮想通貨)開始。18年6月副業開始。人生100年の拷問を面白可笑しく生き抜く為には、今頑張るしかない!