アフィリエイト

9記事でも合格! Google AdSense申請で実際にやったことと注意点


こんにちは。ニート見習いのふーたろー(@crypto_210)です。

先日、9記事で無事Google AdSenseに合格しました!

ネットで検索すると、10記事で合格という記事が何件が見つかったため、「じゃあ9件だったらどうなる?」と試したところ、9記事でも合格できることがわかりました。

まあ、後々調べてみたら、8記事で合格なんていうのもあったりしたので、案外ハードル低いですね。

ちなみに、今回申請するにあたり、主にgugupeco999さんのページを参考にさせていただきました(ありがとうございます!)。対応方法が詳細に書かれていて、Google AdSenseに限らず、ブログの体裁を整えるのにすごく役に立ちました!

【Google AdSense】 申請して審査が一発合格!申請に向けて気を付けた12のこと

では、9記事で合格するまでに行ったことを、まとめたいと思います。

この記事の内容は、2018年8月10日時点で申請し、合格になった時の内容です。
審査基準は変更される可能性があるため、ご参考までに活用してください。

Google AdSnse申請に向けてやったことと注意点

合格のために気を付けるべき項目の例は、ネットで検索すると簡単に見つけられます。

例えば

申請で注意すべきことの例
  • 記事が明らかに足りないとアウト
  • 記事の内容が有用な情報じゃないとアウト
  • 1記事あたり1000文字くらいないとアウト
  • AdSenseの禁止コンテンツを含んでいるとアウト

こんな感じで、色々な項目が見つかるかと思います。

実際には審査の基準についての詳細はわかりません。「申請中も記事を更新する」とかいうのも合格の方法にありましたが、自分はむしろ「申請中に編集したら申請できないだろう」と考えて、申請中は記事の更新を止めていました。

でも、流石に禁止コンテンツは含んでいたらアウトだと思いますし、記事の内容があまりにも薄い場合(100文字の記事ばかりとか)もアウトだと思います。

では、実際に今回申請するにあたって自分が実際に実施したことをまとめてみます。

①AdSenseの禁止コンテンツがないか見直し

これは必須。でも、実際には何も対応しませんでした。

個人的には「健康を扱ってる記事がもしかしたら…」とか「仮想通貨を扱ってる記事が…」とか心配していましたが、問題ありませんでした。

②プライバシーとお問い合わせフォームを作成する

これは無くても合格しできるとの情報がありましたが、大した手間もかからない+ブログの体裁が良くなるのでやっておきました。

プライバシーポリシーはネットで探すとテンプレート的な文章もありますし、Wordpressを使っている場合、お問い合わせフォームは「Contact Form 7」などのプラグインで簡単に導入できます。

ちなみに、プライバシーポリシーについては、利用したテンプレートに「広告サービス」や「Googleアナリティクス」についての記述がありましたが、自分は申請時点でどちらも利用していませんでした。なので、この部分については「利用予定です。」といった具合に記載して申請しておきました。

③カテゴリを絞る

実はふーたろーは1度申請して落ちてます。

不合格の理由は、メールの内容から「サイトが工事中、またはコンテンツの量が不十分なため」とのこと。

ネットで調べたところ「カテゴリを分けすぎると、1記事しかないカテゴリに対して記事不足と判断される可能性がある」との情報があったため、試しにカテゴリを「仮想通貨」と「雑記」に絞りこんでみました。

記事数は増やさず再申請したところ、この編集だけで合格できました。ちなみに、一部記事は両方のカテゴリに入れてましたが問題なしです。

④著作権に気を付ける

これは注意はしましたが、実際には何も対応しませんでした。

自分のサイトでいうと、仮想通貨の取引所の登録画面とか、取引所のマークとかが危なかったりするのかなあと思っていたけど、修正なしで合格することができました。

また、無料で特別な表記なく使える画像についても「案外この画像が引っかかったりしないか?」と不安にはなりましたが、結局修正なしで通りました。

実際の申請の流れ

①Google AdSenseへ申請する

まずはGoogle AdSenseの申請画面へ移動します。

次に、必要事項を入力していきますが、慣れない人は広告用のコードをヘッダーへ入力するところで迷うかと思います。

自分の場合、何度も修正して申請しては手間だと思い「Header and Footer」というプラグインを利用して、ヘッダーにコードを入力しました。

②1日ほど待つ

1日ほど待つと、メールで返信が届きます。

自分の場合、「サイトは審査不能」というメールが届き、焦りましたが、その12時間後くらいに不合格を示すメールが届きました。このパターンもネットで検索するとそこそこあるようです。

メールには「サイトが工事中、またはコンテンツの量が不十分なため、現時点では承認することができませんでした。」との記載があったので、カテゴリーを減らし(コンテンツは増やしてない)、コンテンツ不足に見えないようにして対応しました。

「スペシャリストがサイトを審査して、承認されたかどうかをお知らせします。」と書かれていましたが、この辺どうなんでしょう。ちょっと心配になります。

③無事合格

こんなメールが届いたら無事合格です!

無事合格したら、広告を配信できるようになります。

これもプラグイン頼みでできますが、サイトの設定をしてから広告へ反映されるまでにけっこう時間がかかるようです。

計測はしていませんが、夜24:00に設定して、朝6:00に起きる頃には反映されているという感じです。実際にはもっと短いと思います。

ちなみに、自動でも挿入できますが、なんか記事の間に猛烈に挟まってきてしまい、読み難いことこの上ないのでやめました。

終わりに

GoogleAdSenseは広告の審査が厳しいと聞いていましたが、案外そうでもありませんでした。

普段から著作権などに注意し、誹謗中傷などせず、1記事最低1000文字程度を心がけていれば、案外あっさり通ってしまうものだと思います。

情弱なふーたろーレベルでも合格できてしまったので、既に10記事以上書けていて、まだGoogleAdSenseの申請を迷っている方は、ぜひチャレンジしてみてください!


ABOUT ME
ふーたろー
ふーたろー
早期退職を目指すアラサー社畜。四流大卒、情弱、貧乏。17年5月投資(仮想通貨)開始。18年6月副業開始。人生100年の拷問を面白可笑しく生き抜く為には、今頑張るしかない!