仮想通貨

暴騰か? 暴落か? 取引所メンテナンスを考えてみる


こんにちは。ニート見習いのふーたろー(@crypto_210)です。

本日はbitfinexで長時間のメンテナンスがありました。

今回のメンテナンスは、日本時間の10月4日(木)15:00〜10月5日(金)3:00までの2時間という予定でアナウンスが行われました。今までは事前に詳細な時刻を発表するのが当たり前でしたが、先日のBitMEXのメンテナンスを狙った価格の大幅な高騰も考慮してから、今回は直前まで正確な実施時間が公表されませんでした。

既にファンダ要因として、重要視されるようになった大規模メンテナンス。実施されるのは短期的なものですが、自分もスイングトレードを行う上で、大規模メンテナンスは重要視するようにしています。

あわせて読みたい
スイングトレードで勝つ! ビットコインの値動きを読むための指標とは!?こんにちは。ニート見習いのふーたろー(@crypto_210)です。 7月下旬から急降下したビットコインは、8月中旬頃から急上昇、...

では、大規模メンテナンスに対してどう向き合うべきか? この点について過去の傾向から考察してみたいと思います。

まとめ

  • メンテナンス直前は、方向性がわからないならポジションを持たない
  • 動く方向が予想できても、メンテナンス直前にポジションは減らす
  • スイングトレードでもポジションは一時的に解消するか、減らしたほうが安全
  • ロスカット注文が想定通り働かない可能性がある
  • 仮想通貨投資家がFX側へ多く流入し、淘汰も進んでいる現在は、常に新しい戦略を考える必要がある
  • 対応は早いほうが良い。ただし、既に大きく動いたあとなら無理はしない。

 

例1:2018年8月22日 BitMEXのメンテナンス

まずは記憶に新しく、大口投資家に狙われていたと言われる2018年8月22日のBitMEXのメンテナンスです。

出展:Trading View (bitfinexのBTCUSD 1時間足)

明らかに異常価格の高騰が発生していますね。瞬間的に概ね3万円の暴騰です。メンテ明けのBitMEX単体でいえば更に極端な値動きをしてしまい、リップルに関して言えば150円近くまで暴騰していました。

さて、この時のメンテナンスの重要な要素をまとめると、以下のようになるかと思います。

注目要素
  • 直前にアイスバーグ注文による買いが入っていた
  • 直前に110億円相当のUSDTがBitfinexに送金されていた
  • メンテナンス開始と同時に暴騰
  • ロスカット注文が想定通り働かなかった可能性がある

まず、アイスバーグ注文(ステルスとも。簡単に言えば板を見せないことで、他の投資家にバレないように注文を出すこと)とBitfinexへの送金について。これはどちらも大口投資家の仕掛けと見ていいでしょう。また、大規模な買いが入っているということは、何かに乗じて価格を上昇させる可能性が高いです。もちろん、これら2つの条件が整ったから必ず上昇とは限らないですが、こういった「上げる方向で仕掛けが来そう」というときならば、若干ロングで対応するのも戦略としてはありでしょう。

また、このメンテナンスでは開始と同時に暴騰が発生しました。つまり、「メンテナンスで動けない人を狙い撃ちにしたロスカット狩り」と言えるでしょう。大規模メンテナンスの際は、こういった仕掛けが入る可能性があるため、自信があっても大量のポジションを持つことは危険と言えます(直前までの大口投資家の動きが騙しである可能性も充分あるため)。

最後に、このメンテナンスから学べることは「メンテナンスがある取引所でポジションを持ちっぱなしにはしないこと」です。ロスカット注文を利用すれば、注文しておいた近辺の価格で損切りすることが可能ですが、大規模なロスカットの連鎖があった場合は、予想外の価格で損切りさせられる可能性もあります(成行の場合。指値の場合はそもそも約定しないリスクがある)。このときのリップルならば、100円以上で買い戻しさせられていた可能性もあります。かといって、ロスカット注文を入れないことも当然危険ですので、安全策として「ポジションを持たない」ことを強くオススメします

 

例2:2018年9月5日 OKEXの緊急メンテナンス

2018年9月5日のOKEXの緊急メンテナンスでは、発表後、直前まで好調に価格を上げてきていたビットコインが暴落へ転じました

出展:Trading View (bitfinexのBTCUSD 1時間足)

9月5日の暴落については、OKEXのメンテナンス影響だけではないと思いますが(長期の下落トレンドまで接近していたことや、ゴールドマン・サックスの取引デスク開設中止報道など)、仮に影響があったとしたら以下の状況が考えられます。

  • 中期的に上昇トレンドとなっていたことにより、短期~中期のロングが増えていた
  • メンテナンス発表の影響で、BitMEXの二の舞を恐れる人が利確した
  • ゴールドマン・サックスなどの報道も利用し、大口投資家が合わせて仕掛けた

もちろん、これはシナリオの一つであり、全くこの通りであるとまでは思っていません。しかし、「直前に発生した状況から、次に同じことが起きたとき、個人投資家がどう判断するか?」を考えておくことは重要ではないかと思います。

 

例3:2018年2月6日 Zaifのメンテナンス

これは流石に大口投資家が仕掛けていたわけではないと思いますが、いかにメンテナンス時にポジションを持ちっぱなしであることが危険か? を考えさせてくれます。

既に2018年2月の時点からメンテナンスの危険性は叫ばれていたみたいですね。

さて、2月6日はセリクラが発生していたタイミングとも重なります。別にZaifのメンテナンスを狙ってセリクラを行ったわけではないと思いますが(そうならビビる!)、Zaifでポジションを持っていたら大きな影響を受けていたことは確かです。

Zaifのメンテナンスは2月6日(火)13時30分~18時30分を予定して開始され、実際の再開は19時となりました。該当時間帯のbitfinexの価格は下の図のとおりです。

出展:Trading View (bitfinexのBTCUSD 1時間足)

図から、偶然だとは思いますが、Zaifのメンテナンス時間帯はセリクラの底値圏であったことがわかります。上下幅は最大で900~1000ドルというところでしょうか。

一方、この際Zaifの価格は、メンテ明けに30分で33万円も高騰しています! うん。これはやばいの一言です。ハッキングがあっても「やっぱりか…」程度で流されるのも頷けます。ちなみに、この状況に対するZaifのツイートがこちら。

当時はボラティリティも高かったため、この程度で済んだのかもしれませんが、これじゃあ顧客保護ができていないと指摘されても仕方がないかと思います。自分もこのとき「Zaifやばいな…」と思い、この一件の以降はZaifの使用をやめてしました。

 

必ず動くとは限らない

ここまで「メンテナンス=危険」のような流れでまとめてきましたが、念の為言っておきます

長時間のメンテナンスが来る方といって、必ず動くとは限らない

ということです。

しかし、それでも危険性が高いため、これもあわせて言っておきます。

メンテナンス中はポジションを持たない・減らすべき

メンテナンスのある取引所のポジションは、特に危険である

メンテナンスにあわせて動きがなければ、ポジションを解消しても結果オーライで済みますが、ポジションを持っていた場合に逆に動くと大きな損失となり、かなり危険です

もしメンテナンス中のポジションに自信がある場合でも、低レバレッジで他の取引所を使い、ロスカット注文もしっかりすることが必要かと思います。

また、今後は「メンテナンスに警戒する動き」が強くなることが予想されるため、メンテナンスの発表が来る前に、「今メンテナンスのアナウンスがあったらどうするか?」を決めておいた方がいいでしょう。もちろん、情報が入った時点で「自分は他人より情報の入手が遅れている」と考えて行動するも必要です。

 

ファンダメンタルズをどう読み解くか

今回は取引所の大規模なメンテナンスについて考察してみました。

ファンダメンタルズは仮想通貨の価格に常に正しく反映されるとは思っていませんが(むしろ反映されないことが多いかと思ってます)、個人的に先物取引と長時間かかるメンテナンス作業については、重要なファンダメンタルズだと思っています

理由は簡単で、どちらも「大口投資家の動向が直接的に現れやすいから」です。個別の通貨のアップデートや新しい提携先などももちろん重要ですが、仮想通貨全体の地合いが悪ければ反映されませんし、バブル相場ではマイナスの要因もほとんど影響を与えません。そんななか、大口投資家がどう動くか? 仕掛けてくるか? というのは直接的に価格に影響を与えるため、非常に重要な要素だと考えています。

また、長時間メンテナンスは比較的直前に発表されるため、チャートに対する影響を先読みすることが難しいです。こういったものがどの程度チャートに折り込み済みとなるかは判断が難しいところです。

Zaifのハッキングは比較的唐突でしたがチャートに影響を与えませんでした。一方、リップルのSWELLは前からわかっていましたが、価格に大きな影響を与えました。このように、予測可能かどうかだけでなく、物事の内容・タイミングがどの程度チャートに影響を与えるかといった観点でもメンテナンスを考える必要があるでしょう

まだまだ投資家としては3流の自分ですが、今後も仮想通貨の動向から勉強を続けたいと思います。

 


ABOUT ME
ふーたろー
ふーたろー
早期退職を目指すアラサー社畜。四流大卒、情弱、貧乏。17年5月投資(仮想通貨)開始。18年6月副業開始。人生100年の拷問を面白可笑しく生き抜く為には、今頑張るしかない!