仮想通貨

【2018/08/04】ふーたろーは仮想通貨の動きを考えた!


こんにちは。ニート見習いのふーたろー(@crypto_210)です。

本日は素人トレーダーなりに短期的な仮想通貨の値動きについて考えてみました!

素人の考えってどんなもん? という参考までにご利用いただければ幸いです!(投資は自己責任で!)

恐怖! アルトドレイン!

7月頃から度々叫ばれているアルトドレイン8月の仮想通貨の値動きを予測するなら、これは外せない要素だと思います。

アルトドレインとは?

アルトドレインとは何か? 簡単に言ってしまえば、

  • ビットコインがアルトコインより値上がり率が大きい
  • ビットコインがアルトコインより値下がり率が小さい

といった動きです。要するにBTCドミナンスが上昇していく動きのことです。仮想通貨全体の時価総額占めるビットコインの時価総額のが上がれば、必然的にBTCドミナンスが上昇し、アルトドレインが発動していると言えるわけです。

ちょっと下の図を見てみましょう。

出典:CoinMarketCap

 

図はここ三ヶ月の仮想通貨の時価総額に占める通貨の割合を示しています。

4月~5月上旬までの上昇相場ではBTCドミナンスは下落していましたが、ここ3ヶ月は右肩上がりで上昇中です!これがアルトドレインを視覚化したものです。

 

ただ、個人的には

  • 仮想通貨が上昇トレンドの時、アルトコインの方が大きく上がる
  • 仮想通貨が下降トレンドの時、アルトコインの方が大きく下がる

といった動きの傾向が通常時はあると考えているので

上昇トレンドになっても、ビットコインの方が大きく上がり続ける!

という動きがアルトドレインとも言えると考えています。

アルトドレイン時の対処方法は?

さて、アルトドレインが発動しているなかで、どうトレードすべきか?

ふーたろーの方針はこうです。

ふーたろーの方針
  • 中堅や草コインの現物買いは控える(暴落警戒!)
  • 下降トレンドラインの上よって来たら、ちょっとずつアルトコインのショートを行う

単純ですね馬鹿なので、これ以上複雑なことできません…。

非常に単純ですが、ここ1ヶ月くらいはそれで勝ち続けられる状況が続いています

もちろん、この状況が何ヶ月も続くとは思えませんし、アルトコインも銘柄次第で動きが違うため、それぞれ詳細な分析は必要です。当然ですが、予想と反対側に動いたときのために、明確な損切りラインを決めておくことも大切です。

また、アルトコインは値動きが激しいので、ポジションを取るタイミングを待つことが非常に大切です。

アルトドレインは数日~1週間程度に1回は一服し、アルトコインのターンが来ている印象です。

この直前にショートで入ると、丸焦げになります!

直近では、8/3は昼頃からアルトのターンに入りました。ここ1ヶ月程度のパターンですが、だいたいアルトコインのターンは1~2日程度で終了する代わりに、反撃は結構激しいので、安易なショートは火傷に繋がるので注意が必要です!

また、直近1ヶ月程度でアルトドレインを続けてきた反動で、そろそろアルトコインが長期的な反撃に出る可能性も否定はできませんので、くれぐれもご注意を!

 

どうなる? ビットコインETF

さて、8月の目玉はビットコインETFの承認です。

肯定派

「CBOEの承認は90%以上決まった!」

とか

否定派

「どれも杜撰な内容だから、拒否されるに決まってる!」

とか、色々と意見が錯綜していますね。

 

個人的な感覚では、8割くらいの確率で、否決か延期のどちらかになるかと感じています。

別に何か特別な情報があっての推測ではありません。強いて言えば「強気の発言は中立より仮想通貨よりの人の発言が多いのではないか?」と考えているから、信憑性が薄れるというだけのことです。

そして、ETF承認可否を当てる必要性はそもそもないと考えています。

そもそも当てられるかわからない物を、当てるだけで稼ごうとするなんて無理な話です。できることと言えば、確率が高い方に無理なく賭けつつ、予想が裏切られたら撤退。常にこれだけです。

そこで、どのパターンに転んでも対処できる戦略を用意する必要があると考えました。

ふーたろーのETF承認可否に対する対処方法

当たり前ですが、ETF承認可否の流れは、大きく分ければ以下の3通りになりますね。

大まかなシナリオ
  • 8月中に承認される
  • 8月中に承認されず、延期される
  • 8月中に承認されず、拒否される

では、それぞれの場合で値動きがどうなるか推測してみましょう。

 

パターン①:8月中にビットコインETFが承認される場合

これはビットコインの価格が短期的に暴騰すると考えられます

金融リテラシーが高い人からすれば、異論もあるかと思いますが、正直仮想通貨扱ってる人全体がそんなに金融リテラシーが高いとは思えません。

ビットコインETFが承認されるなら、価格は数倍~数十倍は余裕! という考えから、猛烈な勢いで買いが入ると考えています。

この際、アルトコインの価格はどうなるか?

去年の12月時点でも言われていましたが、アルトコインが暴落する可能性があります。

もちろん主要アルトコインまでもが壊滅的打撃をうけるとは考えにくいですが、ビットコインに比べれば上昇幅は小さいでしょう。

そして、ビットコインが大きく上昇した後に、調整として主要アルトコインのターンがやってくると考えています(2017年12月の流れですね)。

一方、同じアルトコインでも中堅コインは明暗が分かれるでしょう。力ない物は吸い尽くされて消滅もあり得ます。草コインなんかは淘汰が進むかと考えていますが、長期的に見ればその方が市場の健全化も進み、仮想通貨全体の為になると思っています。

 

パターン②:8月中に承認されず、延期される

 

どう動くかさっぱりわからんです(笑)。

強いて言えば、短期的には失望売りが入り、しかしレンジ相場形成しつつ9月前に期待から再度復活と言うところでしょうか?

短期失望売りの時にアルトコインのターンが来るかもしれませんが、レンジ相場中で再びビットコインに搾り取られ、BTCドミナンスは55%前後まで行ってもおかしくはないかと思ってます。

 

パターン③:8月中に承認されず、拒否される

これはもう暴落ですね。

短期で終わるなら6700ドルあたりで6/24からの上昇トレンドラインに支えられつつ、どうように6700ドルあたりにある強力なサポートラインが守ってくれるかと思ってます。

しかし、本格的な暴落となった場合は6700を割り込み、6000ドルを目指すシナリオもあり得ると思って行動した方が良いでしょう。

この時アルトコインはどうなるか??

正直わかりません!

下落時はアルトコインの方が大きく落ちるという傾向がありますが、今の過熱がETF関連でビットコインだけ割高と判断された場合、ビットコインの方が大きく落ちる可能性もあります。

アルトコインも下がるなら、一旦ビットコインに逃げるのでは? という考えもありますが、それだったら普通に法定通貨とかテザーに変換するでしょう。ふーたろーならそうします。

強いて言えば、アルトコインのショートをかける為のビットコイン需要は出てくるかもしれませんが、その需要が大きいとは思えませんし、それが大きいというのなら、ETFが承認されるほど健全な市場にはまだ遠いのだと思います。

 

結局、ETF承認可否に対してどうするの?

三つのシナリオから考えると、ふーたろーの対処はこうです

ふーたろーの対処
  • 現物が値下がりした場合に備え、ビットコインショート
  • ビットコインETFが承認されたらドテンロング
  • アルトコインは上がってきたところでショートを積む。ただし、無理はしない

この三本となります。特にアルトコインはどのシナリオでも下落する可能性はそこそこ高いですが、反撃のタイミングも確実に来ると考えた方がいいので、細かく対処が必要です。

 

ちなみに、ETF承認は最短で8/10。SECの所在地はワシントンD.Cなので、時差は13時間でしょうか? 8/10 8:00~19:00頃が発表タイミングになりそうだとするなら、、

 

日本時間で8/10 21:00 ~ 8/11 8:00頃に発表の可能性が高いです!

 

ちなみに、8/10からのふーたろーのスケジュール

8/10 14:30頃出勤 ~ 8/11 11:30頃帰宅

なんもできねえ(泣)。


ABOUT ME
ふーたろー
ふーたろー
早期退職を目指すアラサー社畜。四流大卒、情弱、貧乏。17年5月投資(仮想通貨)開始。18年6月副業開始。人生100年の拷問を面白可笑しく生き抜く為には、今頑張るしかない!